oneup

一つ上を目指す人への応援ブログ

MENU

心理学の歴史をざっくり紹介します(近代→現在)

偉人

みなさんこんにちは。かじっこです。

前回は人物とその背景を軸にして、心理学の歴史を古代→近代まで紹介させていただきました。

今回はその続きから現代まで、心理学の考え方そのものを焦点にあてながらご紹介させていただきたいと思います。

 

前回のおさらい

前回は、過去の偉人達が心はあーだこーだと色々な論争をしていましたが、これが正しいというものはありませんでした。時が進み19世紀、ヴントと言う人が心理学を作り、人に刺激を与えそれを観察したり聞き取り調査をすることで心を探求する「内観法」が広まった所まで紹介しました。

 

ハート型の雲

ゲシュタルト心理学

「内観法は個人の感想でしか確認することができないので、客観性に欠けるのではないか」という批判があり、その対抗として出てきたのが、マックス・ウェルトハイマーという人が提唱したゲシュタルト心理学です。

「人間の知覚は個々の感覚刺激から構成されているのではなく、個別の刺激には還元できない全体的な枠組みによって規定されている」という考え方です。

 

パラパラ漫画を思い浮かべてください。その1ページ1ページは一つの心の要素として認識できますが、それが何枚もかさなって連続で見ると1つの映像のように見えます。

1つの作品としてみる=全体的な枠組みとして考えたとき、その一つ一つは規定されているのではないかというのが、ゲシュタルト心理学です。ヴントは一つ一つが個別に構成されれているという点で違います。

 

また、このゲシュタルト心理学に影響を受け、その人自身の構成された枠組み(今の言葉でいうと、個性とかパーソナリティーになります)だけではなく人がいる生活空間からも影響を受けているとするトポロジー心理学も発展していきました。(あまり大きな影響を及ぼさなかったので説明割愛)

 

行動主義、新行動主義

ゲシュタルト心理学と同時期に、アメリカでJ・B・ワトソン提唱の行動主義という考え方でヴントの内観法を批判しました。行動主義とは客観的にデータを集める事ができる刺激や反応の関係を研究すべきと唱え、ヴントの方法だと被験者が嘘をつく可能性があると指摘しました。

 

生後11か月の赤ちゃんに白ねずみを見せて、手を伸ばそうとするたびにハンマーで大きな音を出して驚かせました。すると、実験後に赤ちゃんは白ネズミだけはなく、白ウサギや毛皮のコートを着た人間も怖がるようになったのです。

 

この実験から、人間の不安や恐怖は後天的な環境による所が大きいと考えました。

しかしその後、この行動主義は人間の心を捉えきれず、単に機械的に答えを導き出しているだけではないかという声が上がり、複雑で多様な人間の意識も反応として扱うべきだとして、新行動主義の声があがり今日の心理学研究でもこの新行動主義が取り入れられています。

 

嘘発見

精神分析学(フロイト、アドラー、ユング・・・)

20世紀に入ろうかという時、ヴントとは全く違う立場から現代心理学の源流のひとつとなったものがあります。それは、フロイトの「精神分析学」です。

人間の行動には、心の中でもはっきりと自覚できない部分、無意識の部分が関わっていることに気づきました。

フロイトの精神分析はその後大きな影響を与え、現代人においても彼らの教えを今一度学習し、自己啓発に役立てています。

(フロイト、アドラー、ユング関連は別記事でゆっくりと解説したいとおもいます。)

 

現在の心理学

現在の心理学は○○心理学と言う名前で多岐にわたりますが大きく2つに分類できます。

1つ目は基礎心理学。社会心理学や発達心理学など心理学の一般法則を研究する部門。

2つ目は応用心理学。基礎心理学で得た法則を様々な領域の問題に活用する部門。

いずれにしても、今日の心理学は、新行動主義と精神分析から心を探求する流れで研究が進められています。

 

心理学はいまやなくてはならない学問です。しかし一口に「心理学」といっても、自分には関係ないゾーンも多くかかわっているのも事実です。そして細かく上げるときりがなくなる学問でもあります。

相関

oneupではビジネスシーンで活用できる社会心理学、子育てなどで活用できる発達心理学などを中心に紹介してまいりたいと思いますので、お時間がある時にでもoneupのお役に立てていただければと思います。

皆様の明日がoneupできる日でありますように。