oneup

一つ上を目指す人への応援ブログ

one up

心理学からみた人生を変える方法。NLPとは?

f:id:oneup0123456789:20180902185525j:plain

前回の記事で、人生を変える方法(サイクルが大事だよーという話)をお伝えしました。今回はその記事内でも紹介した、

・NLP

についてお伝えしていこうと思います。サイクルの中でいうと、NLPのテクニックは態度と行動をおこす部分に該当します。

概要はまとめさせていただきますが、当記事よりも詳しく気になりたい方は、リンク先及び書籍にてご自身のペースで学んでいただければと思います。

 

NLP(neuro linguistic programing 神経言語プログラミング)

NLPとは、五感(N)と言葉(L)を使って、脳に行動・思考・感情のプログラムを作る(P)自己啓発法です。

1970年代、アメリカのカリフォルニア大学の言語学の助教だったジョン・グリンダーと院生のリチャード・パンドラーが共同開発したもので、その当時流行っていた異なるアプローチをしていたカウンセリング方法を徹底的に調べ上げ、「アプローチが違うのにクライアントへのケア方法に多くの共通点がある」ということを発見しました。2人はそれら共通点の中からパターン化し、誰でも習得できるように改良したものが、今日のNLPです。

自分にとって望ましい姿(理想を手に入れる)になるため、今現在の自分を作っている過去の体験や記憶を、「良いものに転換できれば望ましい姿になれるのではないか?」という考えから多くの個人的問題を解決してきた実績があります。

 

<例>

・キャリブレーション…相手の言葉や態度を注意深く観察し、相手の状態を理解するもの。コミュニケーションがスムーズに行えるようになる。

・アイ・アクセンシング・キュー…相手の目の動きから心の動きを観察しようというもの。上記同様、コミュニケーションがスムーズに行えるようになる。

・バックトラック…相手の言葉をそのまま伝え返す(オウム返しする)ことです。信頼関係が築かれる。

・アンカーリング…外的な刺激と内部の反応を結び付けて、それを定着させること。次回以降同じような外的刺激があれば同じような反応をしたい場合に有効。

 

……どこかで聞いたこと、やったことがあるのではないでしょうか?先輩からのアドバイスや営業スキルアップ、対人コミュニケーション研修などにおいて、こんな方法がいいよ!と言われるものはだいたいNLPから引用されたものが多いです。それだけ有用なものであると認識いただけると思います。

例に挙げた上記の中で、アンカーリングというテクニックを詳しく紹介します。 

アンカーリングとは

変わる

「人前で緊張しやすい人は、人という字を手のひらにエアー書きして食べるのを3回繰り返すと緊張しない」という効果のあるテクニックがあったとします。

ただ単に、どんな人でもこれを繰り返せば緊張しないようになるかといわれると、そうではありません。決められた手順通りやらないと効果は発揮しません。

 

アンカーリングを自分のものにする手順

1、自分が手に入れたい理想の「緊張しない状態」を想像する。

2、その想像をよりリアルに思い起こす。(心の状態はどうか、足はしっかりと地面を捉えているか、手の温度はどうか、視線はどの場所を見ているか、等)

3、イメージトレーニングを繰り返し行う。この時に五感がどういう状態にあるか気にかける。繰り返していくうちに徐々に理想の状態に近づいていけるので、そこではじめて、人のエアー書き3回をする。

4、この瞬間に、理想のイメージ+人のエアー書き3回が結びつき、「人前で緊張しやすい人は、人という字を手のひらにエアー書きして食べるのを3回繰り返すと緊張しない」状態(理想)にもっていくことができる。なかなか定着しない人は何度も繰り返す。次第にコツをつかめるようになり、ほかのアンカーリングに応用できるようになる。

 

 …なるほど!!となる人は多いかどうかわかりませんが、心理学からみると「認知の再構築、刷り込みの再学習」というような言葉で説明されています。

その他にも色々ある

未来のために

上記上げたもの以外にも、気持ちの切り替え方、嫌いな人と対峙する時の心構え、自分を再発見する方法、問題解決をモデル化したものなど色々なスキルがあります。

「NLPをもっと深く知りたい!」「NLPのスキルが知りたい」と感じた人は、専門のサイトや書籍を読んでいただければと思います。

皆様の明日がoneupできる日でありますように